薬剤師仲間のはなし


by iljku3dafx

検察官が操作ミス、被害者写真をモニターに表示(読売新聞)

 知人男性を負傷させて現金3000円などを奪ったとして、強盗致傷罪などに問われた千葉県松戸市、飲食店従業員笠間太士被告(27)の裁判員裁判の初公判が26日、東京地裁(半田靖史裁判長)で開かれ、検察側が証拠説明の際、被害者の男性の顔などが写った写真を法廷内の大型モニターに映してしまうミスがあった。

 検察官は公判終了後、男性に謝罪した。

 検察官は証拠説明で、キリで背中や腕を突き刺された男性の負傷状況の写真を示す際、傍聴席から見える大型モニターを消し、裁判員や裁判官らの目の前にあるモニターだけに映した。その後、大型モニターをつけて証拠説明を続けたが、検察官が操作を誤り、上半身裸で横向きの男性の写真など数枚が大型モニターに映し出された。

 東京地検特別公判部では「今後はミスがないようにしたい」としている。

<訃報>渡辺康雄さん89歳=嘉田由紀子・滋賀県知事の父(毎日新聞)
無免許でひき逃げ容疑の男逮捕 上司一時身代わり「免許ある自分なら大丈夫」(産経新聞)
社会福祉法人、「加算取得に医療法人と差」―全国老施協・中田会長(医療介護CBニュース)
ハイチ大地震 国際医療チームが成田空港に帰国(毎日新聞)
<春闘>電機連合、賃金改善見送り 要求方針を提案(毎日新聞)
[PR]
by iljku3dafx | 2010-02-02 19:34